kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM,VSTS,DevOps関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Microsoft MVP Award 2024 renewal!

One more Year! も早いもので14回目になりました。カテゴリーは相変わらずDevOpsです。今年は審査発表が例年より遅くなってかなりやきもきしていましたが(珍しく深夜に起きてメールチェックしたり…😅)、リニューアルできてほっとしています。

今までいろいろと様変わりしてきましたが、過去を振り返ってもリッチクライアントからWeb(あまりやってこなかったツケがw)、さらにはオンプレからクラウド(PaaS, SaaS中心へ)、そして機械学習…をあっという間に追い抜いた生成AI。キャリアの中でもこの5年は特にあわただしい変化で、さらにこの2年は本当に追いつくのが大変な時代です。

自分のMicrosoft MVPアワードを振り返ってみても、最初はWindowsクライアントアプリケーション…といっても、Win32アプリケーションが中心だったのでVisual C++でした。そこからTeam Foundation Serverと出会って「これはもしかしたら自分(開発チーム)に今一番必要なものだったのかも」と思ってALM…からDevOpsのほうに流れていきます。自分では「DevOps」とか「アジャイル / Scrum」ということはあまりなくて*1、「どうやったらもっと快適にかつ開発作業を効率的に進められるか」というポイントで話しています。

オンプレミスのTeam Foundation ServerからクラウドのTeam Foundation Service → Visual Studio Team System → Azure DevOps…と名前だけはころころ変わりましたが、基本的なことは変わっていません。クラウドが中心だし、進めてもいますが、オンプレミスのシステムも全く使わないわけではありません(触るの楽しいです)。そして、ちょうど昨日Azure DevOps Server 2022.2が正式公開されました。今のところ日本リージョンにGitHubもAzure DevOpsもないので、どうしても日本で、ということになるとGitHub Enterprise ServerかAzure DevOps Serverを使うことになりますね。

もちろんこれらGitHub / Azure DevOpsを使った開発効率向上も活動の中心ではありますが、最近の興味は「普段のライフサイクルにもっとセキュリティを効率的に適用できないか」というポイントも増えてきています。GitHub Advanced Securityやリリースパイプラインの中により自動で効率よく安全なものを手間なく適用できるようにならないか、とかMicrosoft 365のCompliance & Governanceという感じですね。あとは生成AI系。Copilot(GitHub Copilot, Copilot for Microsoft 365)は普段使いに充分役立ってくれています。最近会社でも使い始めたのですが、やっぱり会社リソース使えると便利です。そのためにEntraやセキュリティソリューションの連携は非常に興味あるところです。

生成AIは開発生産性により向上できると思います。特に現代は人間が追いかけられる情報を超えているので、過去のナレッジをより効率よくかつ、「特定のクエリテクニックによらず」検索できるのはビギナーにも助かりますね。利用者だけではなく、こういうのを自分でも提供したい…というのが今年度の目標でしょうか。

いつまでも初めて受賞できたころのモチベーションを忘れず、今までのものも引き続き、新しいこともどんどんやっていきたいです。新しいものへ触るわくわくは以前と全く変わらないです。ではまた一年よろしくお願いします。

*1:仕事でも概念の話はしますが「このプラクティスでやらなければならない」とは言いません

Azure DevOps 2024/7/3の更新

Azure DevOps Sprint 241リリースノートの翻訳を行いました。オリジナルはこちらからご覧ください。

learn.microsoft.com

Azure DevOpsのPATの桁が長くなるのはセキュリティ的にはいいことですが、発行しなおしめんど(略)。こういうのがあるのでPAT作るときにちゃんと名前つけておきましょう。

GitHub Advanced Security for Azure DevOpS(GHAzDo)は今までセルフホストエージェントでは明示的に入れる必要あったのですがinitタスクでやってくれるのはいいですね。キャッシュというか存在チェックしてくれるのかな。自分は今までこんなタスク作っていました。楽なるのはいいですね。

gist.github.com

AzureRMモジュールが廃止されたので、AzureRMを使っている場合いつタスクが失敗してもおかしくない状態になります。早めに移行しましょう。

Azure Container RegisitryもWorkload Identityをサポートしたそうでこれはうれしい。まだ全部サポートされてないのかな?早く使えるようになるといいですね。

ではまた三週間後

translate to Japanese to Azure DevOps release not…

GitHub Administration合格記録

Microsoft Build 2024に参加したときの特典の一つとして、GitHubの認定試験が無料で受けられるというものがあったので、申し込んで受けてみました(6/30までが期限)。本当はGitHub Advanced Security受けたかったのですが*1、あまりにも自信がないので😅、たぶんほぼノー勉強で行けるだろうと思った*2Administrationを選択したというだけです。

日本語/英語の合格記録のブログなどを読んでもほとんど「Learnだけやった」みたいな人が多かったですね。

learn.microsoft.com

私がやったのはこのLearnとLearnの内容に沿ったレポジトリを作ってみて、管理系をいろいろ再確認した程度です。

ただ、「これからGitHubを組織内に展開する知識確認で」受験するならLearnだけでは無理かなと思います。日常的にGitHub Enterprise Cloud / Enterprise Serverを管理していて、英語に抵抗がない*3人ならノー勉強でいける、というだけです。試験問題の英文そのものはたぶん高校1-2年レベルの英語でそんなに難しくないので、GitHubの英語ドキュメントに抵抗がない人なら問題はないです。

ただ、受験中に「これなんて意味の単語だっけ」というものはいくつかありましたが、そこは想像力です。

私はEnterprise Cloudなら使っていますが、Enterprise Serverは全く触ったことがないので、その差分だけは少し勉強しておきました。

どんな英語が出るのかはこの公式演習やればいいようですね。

ghcertified.com

ぎりぎりでしたが、なんとか合格できてよかったです😉。

*1:あとからAdvanced Securityの公認練習問題見たら、Advanced Security受けてもよかったかな…という気になりました

*2:日常的に管理しているので

*3:大変重要。試験が全部英語だから

Azure DevOps 2024/6/14の更新

あれ…翻訳一つ飛ばしている?と思ったらSprint 239スキップしているんですね(リリースノートにない)。そんなSprint 240リリースノートの翻訳です。オリジナルはこちらからご覧ください。

learn.microsoft.com

多分リリース内容が多くて一つ飛ばしたんですかね。ちょうどBuildの時期でもあったからとかもあったのかもしれませんが(主要な人がBuildの会場にいたような)。

数年間何もなかったTFVC(Subversionみたいな中央型管理)の終わりの始まりがやってきました。新規チームプロジェクトでは作れなくするような設定を提供するそうです。これは…まぁしょうがないですかね。巨大なモノレポで、サブシステム単位でフォルダー分割しているような(業務によくある)シナリオではいまだに便利な面はあるのですが、GitHubでは部分チェックアウトができるようになっているのでAzure Reposにもたぶんそのうち来るんじゃないかなぁ…。

あとはサーバーワークスペースもサーバー側に保持する面ではまぁ…便利。

今までAreaとIteration Pathは任意に削除できていたのですが、今後Work Itemがない場合のみ削除できるようになるそうです。運用が変わりますので気をつけてください。

Azure PipelinesはWorkload Identity押しですね。Service Busは正直使ったことがないですが、たぶんどこかで使っているからなんでしょう。たぶん。

Workload IdentityのAPIエンドポイントがシステム変数で提供されるようになったので、自動化のシナリオがはかどりますね。便利。

node.js ver 10がEOLになるのに伴い、依存しているタスクでは警告が出るようになります。カスタムタスクを作っている場合は移行しましょう。

Azure Test Plans拡張機能がmanifest v3になるそうですが、中身は何も変わらないです。たぶん順次ロールアウトするから気づいたら新しいものになっていると思います。Chromeはすでに切り替わっている…のかな?Chromium側のドキュメントでは127からだそうですが。

learn.microsoft.com

Edgeはいつも通り少し遅いですが、早めに移行しましょう。ではまた三週間後。

translate to Japanese to Azure DevOps release not…