kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM,VSTS,DevOps関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Azure DevOpsをGitHubライクに使うBasicプロセステンプレートを味見する

Azure DevOpsにはScrum, Agile, CMMIという開発プロセスを支援するテンプレートが用意されていました。これらはそれぞれの開発プロセスで回していく人たちには便利なのですが、それらのプロセスになじみがない人やもう少し簡単に使いたい人には何から始めたらいいのか、敷居が高くなるものでした。

docs.microsoft.com

そういう声があったのか、少し前から、新しいプロセステンプレートBasicの展開が始まっています。おそらくもうほとんどの人が使えるはずです。

f:id:kkamegawa:20190310105620p:plain

新規プロジェクトの作成で"Advanced"を開いて、Work Item ProcessからBasicを選びます。

f:id:kkamegawa:20190310105614p:plain

プロセステンプレートのカスタマイズ画面ではEpic, Issue, Taskの三種類のみが登録されています。階層としては、Epic→Issue→Taskとなっています。実際に作ってみましょう。

f:id:kkamegawa:20190310105616p:plain

まずEpicを作ります。EpicはだいたいFeatureとかRequirementと言い換えてもいいようです。特定の要件や機能を実装するときに用意します。優先度だけありますね。期限はSprint(Iteration)で指定します。

f:id:kkamegawa:20190310105617p:plain

次はEpicの下の階層になるIssueです。これは大体Backlogに相当します。EpicすっとばしてIssue作ってもいいかなと思います。

f:id:kkamegawa:20190310105618p:plain

最後はTaskですね。Issueの下の階層になります。Issueを解決するための実際の作業になります。一つ以上のTaskが割り当てられることになります。

f:id:kkamegawa:20190310105619p:plain

Sprintでカンバンにして表示するとこんな感じですね。To Do→Doing→Doneというフローになっています。

f:id:kkamegawa:20190312055632p:plain

さらにWIP Limitや列分割、Doing列をさらにDoingとDoneに分割も可能ですので、慣れてきたら使ってみるのもいいでしょう。

f:id:kkamegawa:20190310105615p:plain

Epic, Issue, Taskを作って階層表示にするとこんな感じになります。

スケジュールはSprintで作ってもよいし、作らず開始して、慣れてきたら使い始めるというのでもいいでしょう。

優先順位はちゃんと管理したほうがいいですね。Epic/Issue/Taskの一覧からドラッグドロップで移動できます。

新しいBasicプロセステンプレートは少人数や、これからAzure DevOpsを使ってみようという方に向いていると思います。ぜひ使ってみてください。残念ながら今のところオンプレミス版のAzure DevOps Serverには入っていませんが、そのうち入るといいなぁ。

あと、プロセステンプレートの移行はできないので、Scrumで作ったものはそのままScrumでやっていただく必要があります。

Azure DevOps 2019/2/25の更新

ちょっと遅くなりましたが、Azure DevOps Sprint 148のリリースノートを翻訳しました。オリジナルはこちらから読んでください。

docs.microsoft.com

今回もPipelinesの機能強化が非常に多いですね。CIをスキップするための機能は時に非常に便利です。テスト結果の簡単な発行も便利ですが、現在はちょっと制限が多そうですね。

Wikiのmentionも地味に助かります。ではまた三週間後。

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...

TFSUGのSlack参加ワークフローを支えるFlow

はじめに

tfsug.hatenablog.jp

要望があって、TFSUGのSlackを用意しました。無料版なので、一定期間で読めなくなりますが、よければ参加してください。

参加は無制限ではなく、申請方式にしています。Formsで氏名とメールアドレスをもらったら手動で招待しています。だいたい2営業日程度で招待処理しています。

使ったもの

  • Microsoft Forms
  • OneDrive for Business
  • Microsoft Flow(Office 365)
  • Slack

Excelを用意

f:id:kkamegawa:20190120152412p:plain

まず、格納するためのExcelをSharePoint Onlineに用意します。Logic Appsではなく、Flowを使っているのは頻度が高くないことと、Logic AppsだとOffice 365とAzureが同一Azure ADで提供されていないとアクセスできないためです。

f:id:kkamegawa:20190120152410p:plain

Excelではテーブルを作成しないと Flowで認識できないので、必須です。ヘッダ部分の列を選択して、テーブルとして作成します。

f:id:kkamegawa:20190120152448p:plain

テーブルが作成できました。これで準備完了です。

Forms

f:id:kkamegawa:20190120152416p:plain

こんな感じのFormを用意します。Excelと併用しているのはFormsの回答を閲覧できるのは同一Office 365組織内の人だけだからです。

Flow

こんな感じでFlowを作りました。

f:id:kkamegawa:20190120152419p:plain

アンケートが作成されたとき、アンケートに対して、一行Excelに作成します。

f:id:kkamegawa:20190120152423p:plain

最後に私と@changeworldさんに「作成された」ということをメールで通知します。この時のメールにはExcelのURLのみ書かれており、氏名やメールアドレスは含んでいません。やろうと思えばできますが、めんどくさいのと、メールにかかれると嫌だろうということもあります。

アンケート回答は1人で複数作れるからか、Apply to eachで回答ごとに作ることになるんですね。

最後にSlackの管理者用チャンネルに「リクエストがあった」というメッセージをポストします。これはどちらでもいいのですが、作業完了のチェックもメッセージにつけられるので、便利ですね。一応Excel内にもあるんですが。

終わりに

せっかくあるものなので、Flowでつくってみましたが、試行錯誤するものの、コーディングレスでこういうことができるので、結構便利です。

今はTwitterに流しているAzure DevOps関係の情報も自動的にSlackに流すようにしていますので、よければ参加してみてください。

Azure DevOps 2019/2/4の更新

Azure DevOps Sprint 147のリリースノートを翻訳しました。オリジナルはこちらをご覧ください。

docs.microsoft.com

PipelineのYAMLを既存のフォルダやブランチから選べるようになったとか、パッケージ関連のコマンドでようやくProxyをサポートしたとか助かりますね。

GitHubのPull Requestでのコメントでのビルド開始も面白いですね。Slackなどで連携させるといいんでしょうか。

Linux/macOSビルドエージェントでようやく長いパスをサポートするようになりました。多分困っていた人多いと思うので、よかったです。

ではまた三週間後。

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...