kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM,VSTS,DevOps関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Azure DevOps 2024/2/9の更新

Azure DevOps Sprint 234リリースノートの翻訳を行いました。オリジナルはこちらからご覧ください。

learn.microsoft.com

ここ4-5スプリントくらい細かい強化ばかりでしたが一気にいろんな更新が来たというか、ほぼ全部の機能に新機能が入っていますね。そして、GitHub Advanced Security for Azure DevOps(GHAzDo)がファーストクラスの機能の一つになりましたね。めちゃくちゃ強化されています。まだまだ強化されているようなので、今後楽しみです。

Azure DevOpsのメニューにいまだにalternative credentialがあって、使えなくなったのかなと思ったらまだ使えていたんですね。使っている人はやめましょう。

node6ベースのタスクが使えなくなります。未使用を強制させる方法もあるので、試してください。

GHAzDoがまたいろいろ強化されていますね。APIの強化、スニペッド、アラートの強化などなど盛りだくさんですね。

GitHubとの連携でPRやcommitの直接関連付け機能のプレビューは非常に便利ですね。これは申し込んでみたい。

Workload Identity Federationの一般提供開始は素晴らしい。これからService Principalを使うことはなくなっていくのでしょう。移行は計画的に。

Azure Pipelinesでデバッグを有効にすると使用メモリとディスク容量が表示されるのはありがたかったのですが、必ずデバッグ有効にしないといけないとか、ログと一緒に出るとか少しわかりづらかったのですが、こうやって出るとありがたいですね。

承認の強化もいいですね。シーケンス機能は便利ですね。順不同だと困るケースがあると思いますので、助かりますね。

YAMLパイプラインの検証機能は助かりますね。今まで保存→実行→失敗で涙をのんだことが多かったので、保存時の検証はありがたい。

npm auditをパイプライン中に実行できるのはよさそうです。

ちょっとたくさんすぎてまとめられないですが、魅力的な更新になっているので、試してみてください。ではまた三週間後。

translate to Japanese to Azure DevOps release not…

Azure DevOpsのGitのマージ方法を強制する

qiita.com

ちょっとわかりにくいのですが、ユーザーに使わせたいマージ方法を指定するにはpull requestのマニュアルのそのリンクにあるBranch Policyから設定します。

confluence.atlassian.com

BitBucketだとこのへん組み合わせた設定があるのは柔軟だなと思います。

Azure Reposの場合、Project SettingsにあるRepositoryからBranch Policyの中にある指定したいブランチを選びます。

マージポリシーを選択します。この辺はpull requestの設定ではなく「そのブランチに対してどういう保護をするか」という考えなので、個別のブランチに対する設定になっているようです。スクリーンショットはクラウドサービスですが、オンプレミスのAzure DevOps Serverでも可能です。クラウドサービスと同じ4種類選べるのはAzure DevOps Server 2020以降です。2019まではno-fast-fowardsquashのみです。

learn.microsoft.com

独自のAzure CloudShell をWindows Terminalから使う

Windows TerminalsをインストールするとAzureのCloudShellを呼び出すタブが追加されますが、いまいち通信の応答が悪くて使う気になれませんでした。あと、入っているツールが少し古いのも嫌でした。

Cloud Shellのソースは公開されているので、自分でforkしてみます。

github.com

オリジナルからちょっとだけ変更

  • .NET 7→.NET 8
  • node.js 16→18
  • npmを最新版へ(node18が必要)

少なくとも.NETがバージョンアップしたら更新しようかなと思います。今Arm64版入れていないので、こちらも次は入れてみようかな。

docker pull ghcr.io/kkamegawa/cloudshell

毎回コンソールでdocker runするのも面倒なので、Terminalのタブに追加します。

docker run --rm --name mycloudshell -w /root -v /mnt/c/Users/{useraccount}/.azure:/root/.azure -it kkamegawa/cloudshell /bin/bash

これでいいはず…。個人的にはこれで良さそうですが、困ったらまた考えます。ローカルの .azure フォルダーをマウントするかはお好みで。

Azure DevOps 2024/1/19の更新

Azure DevOps Sprint 233リリースノートの翻訳を行いました。オリジナルはこちらからご覧ください。一週間で出てきてびっくりです。

learn.microsoft.com

プレビュー卒業と非推奨からの廃止、Service Connectionの短寿命化など盛りだくさんですが、なんといってもCodeQLのカスタムクエリーのサポートですね。まだ練習し始めたばかりですが、独自のルールセット作りたいような組織では便利そうです。クエリパックをAzure DevOps organizationにおけるそうなので、組織内の共有にも便利です。

GitHubのissueやprojectもかなり便利になりましたが、Boardが便利なところもあるというか、表に見せたくないようなケースでは便利なようです。

タスクが全部終わったらバックログをクローズしたい、というのはよくあるケースです。Azure PipelinesとかWebhookでやらざるを得なかったのですが、Azure Boards内でやってくれるのは便利ですね。最後に確認してマネージャーがクローズしたい、とかいう要件でもない限りデフォルト有効でいいのではないでしょうか。プロダクトバックログがクローズされたらTeamsなりSlackなりに通知するようにしておけばいいだけですしね。

1/31…って明日(多分US時間なのでほぼ明後日)ですが、古いタスクが廃止されます。おそらく使用している人にはdeprecatedの警告が出ているはずですが、気を付けてください。PowerShellってまだ7.4にしてなかったのか…自分用のselfhostイメージは問答無用で7.4にしているので気づいていませんでした。

地道な改良が続きますが、CodeQLは自分も少し時間を投資してみようかなと思っています。ではまた三週間後。

translate to Japanese to Azure DevOps release not…