kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM,VSTS,DevOps関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

//Build 2019におけるAzure DevOpsの発表

5月6日から8日(US時間)まで開催されていた//Build 2019でのAzure DevOpsの発表がいつものリリースノートとして追加されていましたので、翻訳しました。オリジナルはこちらから読んでください。

docs.microsoft.com

直接的なインパクトがあるのはBasicユーザーの課金の考え方変更と、Artifactsが容量にたいする課金になったということです。その代わり、Basicユーザーにも使えるようになりました。詳しくはこちらも読んでください。

kkamegawa.hatenablog.jp

GitHubアカウントでログインすると、MSアカウントを持っていない人はその場で作成、既存のMSアカウントがある場合は既存のMSアカウントにリンクということもできます。Azure DevOpsを使っていた方はGitHubアカウントに一本化(のようになる)という形に見えます。

プレビューですが、PipelinesのリリースでもYAMLが使えるようになりました。これはMulti stage buildに依存しているので、この機能を有効にしないと使えません。かなり長くなりそうですが、template使えば結構がんばれそうです。素晴らしい解説記事あるので、こちらをどうぞ。

tech.guitarrapc.com

たぶん来週にはSprint 152(153になるのかも)が出るとは思いますので、また一週間後(?)。

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...

Azure Pipelineの通知をTeamsで受け取る

今までもAzure DevOpsのビルドをTeamsに通知できていましたが、単なる通知だけでした。今回は公式アプリが追加されたことで、Pipelinesでの承認もできるようになっています。ではやってみましょう。

devblogs.microsoft.com

f:id:kkamegawa:20190515062418p:plain

TeamsのストアからPipelineで検索すると出てきますので、追加します。

f:id:kkamegawa:20190515062420p:plain

f:id:kkamegawa:20190515062419p:plain

どのチームに追加するか選択します。追加はチーム単位です。

f:id:kkamegawa:20190515062421p:plain

追加すると、一般チャンネルに投稿が出てくるはずです。

f:id:kkamegawa:20190515062417p:plain

Azure Pipelines‘にsigninコマンドを実行すると、サインインダイアログが出てきます。

f:id:kkamegawa:20190515062422p:plain

TeamsとAzure Boardsの統合は同じAzure ADにいないといけなかった(今は変わっているかも…調べます)のですが、こちらはMSアカウントのAzure DevOpsでも使えるようです。

f:id:kkamegawa:20190515062423p:plain

今回MSアカウントで追加します。最近GitHubでもログインできるようになりました。これはMSアカウントとマッピングを行うようで、GitHubでログイン後紐づけができるようです。

f:id:kkamegawa:20190515062424p:plain

ログイン後、権限を確認して承認します。この権限はいつでもAzure DevOps側で取り消せます。

f:id:kkamegawa:20190515062425p:plain

pipelineロケットの準備ができたそうです。しゃれてます(?)。

f:id:kkamegawa:20190515062426p:plain

サポートコマンドは現在これだけちょっと少ないようですね。ほとんどsubscribeコマンドを実行します。

f:id:kkamegawa:20190515062427p:plain

subscribeにはビルド定義のURIを指定します。これはどうかなーと思うんですが(REST APIそのまんまだし)、今回はこのように指定します。

f:id:kkamegawa:20190515062428p:plain

subscribeコマンドが成功したら、Pipelinesが監視の準備できたよ、と言ってくるので、こんどは普通にAzure DevOps側でビルドを実行します。

f:id:kkamegawa:20190515062429p:plain

投入してみると…失敗したよ!と通知が出てきます(笑)。ビルドがちょっと間違っていたので、この後直しました。

ちょっと都合上リリースの紹介ができてないんですが、機能としてはリリースの承認もできるそうです。後で追記します。MSアカウントバックエンドのAzure DevOpsでも使えるのがいいですね。とはいえ、Teams使っているところはAzure ADがあるということなので、基本的にはどちらも同じAzure ADで動かすのがいいでしょう。

subscribeのURLがどうにかならないのかとか、どうせならビルドキューへの投入とかもできるようになるといいですね。これは権限が絡むからちょっと難しいかもしれないけど。

Subscribeなら例えば承認者用に管理者がsubscribe設定できるとかできたらもっと便利になりそうです。

Azure DevOps 2019/4/30の更新

Azure DevOps Sprint 151リリースノートを翻訳しました。オリジナルはこちらから読んでください。

docs.microsoft.com

//buildがあったからなのか、今回の更新は小幅ですね。個人的にはTeams用Azure Pipelinesアプリがうれしいのですが、私のテナントにはまだ展開されていない?ようで、探しても出てきません。出てきたら試してみようと思います。

Azure BoardsとGitHubの連携強化もうれしい人はいるかもしれません。これはどちらかといえば、MSの中の人でGitHubを公開用レポジトリとして使っている人たちはたぶんすごくうれしいんだろうと思います。

今までも、「外に見える」レポジトリやissue受付はGitHubなんだけど、実際に中の人がコミットするのはオンプレミスのAzure DevOpsや彼らのAzure DevOps Servicesということが良くありました。ローカルでコミットしたファイルはツール(TFVCを使っていたときはgit-tfなど)でGitHubにプッシュしていた、というフローでまわしていました。

これはMSに限ったことでなくて、GitHubができる前から公開されていたソフトにはしばしば見られました。

こういう時issueの連携が結構困ったことになるのですが、それを解消するための手段ですかね。もちろん無理に使わずGitHubで済ませるということもできます。

東アジア圏でうれしいのはエンコーディングサポートですね。これはたまにフィードバックが出ていて、Web編集するとエンコーディングが変わってしまって困る、という問題に対処できそうです。

ではまた三週間後。

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...

Azure DevOps Servicesの一部ライセンス変更

devblogs.microsoft.com

Azure DevOps Servicesのライセンスに一部変更があります。変更は本日から、支払い体系の変更は6/1から。ちょっとわかりづらいところがあると思いますので、多少個人的な推測を交えて補足しながら紹介します。

Azure Artifactsが容量課金モデルへ

今までAzure Artifactsはライセンスを購入すれば(もしくはVS Enterprise Subscriptionであれば)無制限で使えました。それがGB課金になるかわりに、全員使えるようになります。

  • 2GBまで無料(organization単位)
  • それ以降はGBごとに$2から$0.25で課金(容量が多くなれば安くなるはず)

確かArtifactsには圧縮と重複排除がかかっているので、 ファイルサイズ=容量とはならなかったように記憶しています。今どのくらい使っているか、という情報に関してはBillingのページで見えます。

docs.microsoft.com

私の使っているorgにはまだ展開されていないようで、このUIは確認できていません。おそらく料金がかわる6/1まで、次のSprint 152リリースに含まれるのでしょうか。

注意点として、debug symbolサーバーもArtifactsを使っているはずです。

もともとArtifactsには古いバージョンを自動削除する機能がありますので、これからはうまく使っていきたいところですね。

Basicライセンスは6人目以降常に$6

以前はいろんな価格の計算が合ってややこしかったBasicライセンスが変更され、6人目以降はどういう手段でも$6/userになりました。わかりやすいです。

これはオンプレミスのAzure DevOps Server 2019にも適用されます。

Azure ArtifactsがオンプレミスのBasicにも提供

ということです。多分今公開されているAzure DevOps Server 2019.1が正式版になるときには変わるんでしょう。

Basic + Test Plansライセンスの提供開始

Azure DevOps ServicesとAzure DevOps Server 2019に$52/月でBasic + Test Plansというライセンス体系が提供されます。今までは別々に買っていましたが、一つになってお安く提供という感じですね。

既存のユーザーは6/1から移行されるそうです。

一つのライセンスで複数のorganizationsが有効に

以前はサブスクリプション単位での課金になっていて、複数のorganizationsに所属していると料金が二重、三重にかかっていましたが、ユーザー課金になるのでお安くなるケースが多いはずです。これは6月下旬から。

ライセンスは割り当てたタイミングで

今まではユーザー数を購入するとその時点で課金がかかっていましたが、割り当てたタイミングでお金がかかるようになります。これも6月下旬から。