読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Global Azure BootCamp /w OzCode Kansaiを開催しました

Global Azure BootCamp

connpass.com

昨日の話ですが、Global Azure BootCamp /w OzCodeというイベントを開催しました。Global Azure BootCampとは年に一度この時期?に全世界同一日程でAzureのイベントをやろうというものです。今年はたまたまOzCode社の方がワールドツアーで来日されていたので、一緒のイベントとして実施しました。

global.azurebootcamp.net

私も余った時間…というか、時間が押してしまって予定のことがほとんどできませんでした…すいません。資料はこちらに置いています。

当日やるはずだったデモは録画なりフォローアップします。

OzCode

www.oz-code.jp

今回OzCodeのCTOであるOmer氏をはじめ、三名で世界各国を周ってプロモーションを行なっているそうです。日本でも東京、名古屋、大阪で開催されています。今日もう一度東京で実際されるようです。Omer氏自らによる解説は非常にわかりやすかったです。

Omer氏のキャリアは医療機器向けのエンジニアから始まっていて、デバッグに時間がかかっていることから、デバッグは心理学ではないか?と思い始めて、デバッグ拡張機能に注力を始めたそうです。

特に便利そうなのが、Switch〜Caseの分岐予測、パターンマッチにも対応しています。NULL referense発生する場所の色分け(結構困るんですよ)、LINQの対象条件の件数と内容抽出、メンバーをお気に入りにして、そのメンバーのみを専用のウォッチウィンドウに表示とExpressionでのカスタム表示などですね。

半年間有効なフリーライセンスのURLも提供していただいています。共有OKだそうです。一人ずつではなく、オフィスなら5人までだったかな?いいらしいです。

OSS開発者向けには無償で提供してくれるそうです。

www.oz-code.jp

当日の質疑応答から覚えている限りで。

C++/CLIも対応してる?

今の所C# に注力しているので、C#以外の対応は予定にないようです。

グラフィックスを扱っているけど、インラインでイメージデータを表示したい

残念ながらそういう機能はないそうですが、面白いねみたいにおっしゃってました。

メンバーのお気に入りは非常に便利だけど、AというメソッドとBというメソッドで違うメンバーをお気に入りにしたい

ないそうです…残念。

LINQは遅延評価だから、LINQデバッグ時に出ている件数は確定でないのでは?

その通り。そこは意識しておく必要があります。

ソースコードだけしかないプログラムのデバッグをしなければならなくなった、何かいい支援機能がある?

例えば、例外を起こした場合、その変数がどこで使われているか、ヒープから検索することができる。特定の変数であれば、トレースという機能を使って、追跡できます。

C#7みなさん使っていますか?(Omer氏)

OzCodeはC#7にも対応しているので、ValueTuple(英語では「トゥープル」みたいな発音するんですね)、パターンマッチ、outの変数宣言といった、Omer氏が気に入っているC# 7の新機能をOzCode使いながら紹介してくれました。

Hosted VS2017エージェントを使ってXamarinプロジェクトを継続的インテグレーションする

追加でこういう質問を受けたので、調べてみました。結論から言えばできます。もちろん、C# 7の機能を使っていても、対応するNuGetパッケージを入れていれば大丈夫です(一緒に生成されるライブラリプロジェクトに追加して確認)。

f:id:kkamegawa:20170411212250p:plain

一つだけ注意点として、NuGet Restoreタスクで使用するNuGetを明示的に3.5以上にしてください。ここでは4.0を指定していますが、Hosted VS2017であれば入っているので、大丈夫です。

f:id:kkamegawa:20170411212245p:plain

テンプレートから作っただけのXamarin.Formsアプリですが、こんな風にビルドできます。どうも"Visual Studio 2017"のHosted Agentなので、元からXamarinをはじめ、VS 2017に入っている機能は全部入っているようです。

f:id:kkamegawa:20170411214322p:plain

もう一つ、直接の問題ではありませんが、どうもHosted VS2017 AgentにはGit LFSが入っていないようです。フィードバックしていますので、そのうち治ると思います。

(2017/4/22更新)
4/19にVSTSの更新が入ったので、確認してみたところ、Hosted VS2017にGit LFS入ったようです。正しくビルドできました。

f:id:kkamegawa:20170422003445p:plain

C# 7.0のプロジェクトをVSTSで継続的インテグレーションする

前振り

という話があったので、ちょっと書いてみます。

C# 7.0プロジェクトを作る

f:id:kkamegawa:20170411062240p:plain

こんな風にC# 7.0の新機能であるタプルを書いてみます。

引用:ufcpp.net

もちろん素のVS2017ではエラーになるので、NuGetでValueTupleを追加します。

f:id:kkamegawa:20170411062239p:plain

ビルド定義作成

VSTSにプッシュしたら、VSTSのビルド定義を作ります。注意点は二つ。

  • Hosted AgentにVS2017を選ぶ
  • Visual Studio 2017を選択する。

f:id:kkamegawa:20170411062236p:plain

Visual Studio 2017を選びます。

f:id:kkamegawa:20170411062233p:plain

OptionsにあるエージェントからHosted VS2017を選びます。

ビルドしてみる

f:id:kkamegawa:20170411062231p:plain

Hosted VS 2017では成功します。

f:id:kkamegawa:20170411062254p:plain

普通のHosted Agentを選択すると失敗します。ちょっと前までVS2017というHosted Agentがなかったのですが、Side by Sideで動かすより、VS2017はしばしば更新されるから別にしたんでしょうかね。

RedGate ReadyRollで継続的インテグレーションするときの注意点

ReadyRoll Core

Visual Studio 2017 Enterpriseには、RedGate社のReadyRollという、SQL Serverに対して構成の履歴や差分を比較するためのツールが付属しています(Proにはついていません)。フルライセンスはOracleに対応したり、より高度なことができるのですが、Visual Studio 2017にはCoreエディションという機能制限版となっています。

blogs.msdn.microsoft.com

SSDTと何が違うの?ということですが、FAQに載っています。

www.red-gate.com

SSDTはステートベース、ReadyRollはマイグレーションファースト、という説明で方向性が違う…らしいです。まだ私も使いこんでないので、ありがたい状況がよくわかってません。誤解を恐れずに言えば、EntityFrameworkのマイグレーションと同じことができると。単純なシナリオならSSDTでも問題ない、と書いていますね。

Octopus Deployと組み合わせることにより、複数のデータベースへのデプロイ、ロールバックも対応しています。

www.red-gate.com

Proバージョン

Visual Studio 2017に付属しているのはCore Editionなので、機能が結構制限されています。制限されているリスト(上のURLにも載っています)。

  • Work quickly and efficiently with code-based objects e.g. stored procedures (Programmable Objects feature)
  • Offline Schema Model for object-level history
  • Include static data alongside schema changes
  • Customize schema and data comparison options
  • Customize schema comparison filters
  • Generate a diff report of database changes
  • Generate a schema drift report
  • Generate a schema drift correction script
  • Easy deployment of CLR database objects
  • Visual Studio 2012/2013/2015 All Edition Support

VS Enterpriseで試してよさそうなら使ってみてもいいと思います。

継続的インテグレーション時の注意点

Visual Studio単体でビルド&デプロイするときはいいのですが、VSTSやTFSなどで継続的インテグレーションを実行するとエラーになります。

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Enterprise\MSBuild\ReadyRoll\ReadyRoll.Data.Schema.SSDT.targets(145,5): Error : An error occurred while attempting to verify your deployment scripts: A connection was successfully established with the server, but then an error occurred during the login process. (provider: Named Pipes Provider, error: 0 - No process is on the other end of the pipe.)

原因はsqlprojファイルのReadyRollTargetPathがpackagesフォルダを参照していないためです。以下の手順で対処してください。

  1. ReadyRollプロジェクトを右クリックして、「アンロード」を選択。
  2. プロジェクトファイルが「利用不可」になるので、右クリックして、「編集」
  3. ReadyRollTargetsPath というセクションを探して、以下のように編集。

f:id:kkamegawa:20170408165807p:plain

<ReadyRollTargetsPath Condition="Exists('$(MSBuildThisFileDirectory)..\packages')">$([System.IO.Directory]::GetDirectories('$(MSBuildThisFileDirectory)..\packages', 'ReadyRoll.MSBuild.*')[0])\tools\ReadyRoll.Data.Schema.SSDT.targets</ReadyRollTargetsPath>

これで、sqlprojファイルを保存して、プロジェクトを右クリックから「再読み込み」してください。コミットすればVSTS/TFSでビルドできるはずです。これ実はチュートリアルには書いてなくて、ビルドの設定のところに書かれています。

https://documentation.red-gate.com/display/RR1/Build+components

注意点として、ドキュメントにも書かれていますが、ソリューションファイル(sln)が「親フォルダにない場合」このままコピペでは動きません(Visual Studioから普通に作ったら親フォルダにslnがあります)。..\packages のところを適切に変更してください。

TFS用のSQL Server照合順序の注意点

www.visualstudio.com

www.visualstudio.com

SQL Serverセットアップ時にサーバーの照合順序を決めますが、TFSをインストールする場合、選択できるサーバー照合順序には制限があります。

  • アクセントを区別する(_AS)
  • 大文字小文字を区別してはならない(_CI)
  • バイナリ(BIN)および、バイナリ照合順序(BIN2)を指定してはならない

でも、ここには書かれていないもう一つ制約事項があります。

  • 補助文字(_SC)を使用してはならない。

いわゆるサロゲートペアの文字ですね。これをシステムデータベースの照合順序に指定していると、TFSのセットアップに失敗します(フィードバック済み)。

SQL Server v.Nextでは_VSSという照合順序もついかされるそうですが、こちらもおそらくサポートされないのではないかなと思います。SQL Serverをインストールする場合、気を付けてください。

もしも_SCつきでインストールしてしまった場合、サーバー照合順序の再構築が必要になります。これをやるとセキュリティで登録済みのアカウント、チューニングパラメータとかきれいさっぱり消えます。

サーバーの照合順序の設定または変更

SQL Server 2016ではメディアを使わなくなっただけ便利になりましたが、それでも重要な作業変更なので、気を付けてください。私もWSUSを既にインストールしていたので、ログインユーザーが消えてちょっと焦りました。

番外編として、TFSからVSTSに移行する場合、日本語の照合順序は使用しないでください。移行できません。SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS か Latin1_General_CI_ASじゃないといけないようです。もしも将来的にVSTSへの移行とか考えている場合(とはいえ、TFSはオンプレの絶対要件があるから少ないかもしれませんが)、注意してください。

Visual Studio Team Services 2017/3/29の更新

VSTSの3/29に公開されたSprint 115のリリースノートの翻訳を行いました。オリジナルはこちらから読んでください。

www.visualstudio.com

Gitのブランチポリシーに特権ユーザーをバイパスするというのはよくありますが、その時に理由が必要というのはわかりやすくていいですね。

Release Managementの承認者と作業者が分離できるようになるのもいい感じです。今まではセルフ承認みたいなことができましたので、デモ以外では意味がないような感じになっていました。

TFVCからGitのインポートもほしかった。最初Gitが共存できなかったころ作っていたプロジェクトとか移行しようかな…。

ではまた三週間後。

translate to Japanese to VSTS release notes from h …

Visual Studio Team Services 2017/3/8の更新

VSTSのSprint 114が公開されたので、ざっくり翻訳を行いました。オリジナルのリリースノートはこちらから読んでください。

www.visualstudio.com

モバイル向けのワークアイテムのディスカッションとほかの人に割り当てがサポートされたようですね。Gitのコメントポリシーでコメント全部対応しないとPR完了にできない、という機能はいいですね。書籍書いているときにほしかった。

Visual Studio 2017正式リリースと合わせて、Hostedビルドエージェントも対応しているようです。もうたぶん使えるはずです。

ではまた三週間後。

translate to Japanese to VSTS release notes from h …