読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Visual Studio Team Services 2016/7/7の更新

VSO VSTS

なんかブログとかで告知されていないようですが、すでに2016/7/7のVSTSのリリースノートが出ているようなので、翻訳を行いました。オリジナルはこちらです。

2016-Jul-7 Release Notes | Visual Studio Team Services

一週間くらいかけて展開していくそうですが、私が使っているテナントにはすでにきているようで、あれ?こんな挙動だっけ?というところがいくつもありましたが、リリースノート見て納得でした。

Webテストランナーは大きく変わっているようで、Chromeでの実行にとても力を入れているようですね。Edgeもそのうちうまくいくんでしょうけど。将来の計画として、MTM 2016(Test Manager 2016)では大きな機能強化が予定されているようですね。2010以降ほとんど変わらなかったTest Managerが大きく変わりそうです。

ブラウザアドオンがIE11で終わることですし、モダンなWebブラウザの外部制御に準拠するんでしょうか。

でもリリースノートに書いていないことを追加したとか言ってるぞ…

blogs.msdn.microsoft.com

blogs.msdn.microsoft.com

translate to Japanese toVSTS release notes from ht ...

Visual Studio 2015 Update3適用後に拡張機能でエラーになった場合の対処(更新:パッチリリース)

VisualStudio

Visual Studio 2015 Update3適用後にこんな現象が出ることがあります。

これはソリューションエクスプローラーですが、私はチームエクスプローラーで起きました。

f:id:kkamegawa:20160710133650p:plain

拡張機能のパッケージ読み込みに失敗したといわれます。原因はどちらも同じで、コンポーネント関係のキャッシュが壊れてしまうことです。一番よく出るのはUpdate 3適用直後です。私も一つの環境で起きて困りました。VSをアンインストールしても変わりません。

対処方法としては、Visual Studioを一度終了させて、%localappdata%\Microsoft\VisualStudio\14.0\ComponentModelCache フォルダをさっくり消してください。このフォルダはVisual Studioが自動生成するので消しても問題ありません。

一応報告はしています(あれ…出てこない…)。

(7/22追記)
7/20に公開された14.0.25424.00(KB3165756)でこの問題に対処したようですね。

Update for Microsoft Visual Studio 2015 Update 3 (KB3165756)

Issue 5
After you install Windows updates, you may see various package load failures when you start Visual Studio. Although this update fixes this issue, you can also delete the ComponentModelCache folder as a workaround.

他にもMSDNフォーラムで見かけたCMFCToolBarButtonのバグとかも直っているようです。

TFS "15" Preview公開

TFS Git TFVC Java

Team Foundation Server "15" Preview | Visual Studio

Visual Studio "15"に対応するTFS "15"のプレビューが公開されました。ざっくりリリースノートを見る限りではVSTSの前回くらいまでの更新がほとんど入っている感じですね。日本語翻訳もされるでしょうからここでは特に翻訳しませんが。今回特にローカルでNuGetサーバーが使えるようになったのはうれしいですね。

今までも独自に立てることはできまたけど、統合されていると便利ですし、チームメンバーのみという認証もかかりますしね。

今回コード検索が入っていますが、Elastic Searchのようです。なので、JRE8 Update20以降が必須になっています。

あとはビルドやテストの状態追跡もすごくよくなっているようですね。微妙な日本語があったらまたチェックするかな…。既知の問題もあるし、まだGo-Liveではないようなので、本番用途には入れないようにしましょう。

(追記)
まだ日本語パックはないようなので、英語OS,英語SQL Serverに入れる必要があるようです。動作環境も公開されています。もう延長サポートフェーズのWindows Server 2008 R2/Windows 7世代に対応するとは思わなかった。

SQL Server 2014 SP2が最低要件となっています。もうすぐ出るんでしょうか。
www.visualstudio.com

Microsoft MVPを再受賞しました

MVP

f:id:kkamegawa:20160702054351p:plain

さらにOne More Year!(もうオバマが終わるからこのフレーズ考えないと)

ということで、おかげさまをもちまして、7/1(US時間)でMicrosoft MVP for Visual Studio and Development Technologiesを再受賞いたしました。通算だと6回目になります。

最近、DevOpsだということでデプロイ、ビルドの話とか多いようですが、個人的にはデバッグとかチューニングの話も好きなので、そっちもやっていこうと思います。今後もTFS/VSTSの改良はどんどん続くので、紹介も続けますよー。

執筆やらお話とかご用命があれば都合がつく限りお引き受けいたします。

Team Foundation Server 2015 Update3リリース

ALM ReleaseManagement TFS VisualStudio

.NET Core 1.0 RTM / Visual Studio 2015 Update 3buchizo.wordpress.com

ブチザッキに任せておけばいいかなーという気がしないでもないですが、一応。TFSこと、Team Foundation Serverも2015 Update3がリリースされました。ついこの前Update 2.1が出たばかりというのに早いですね。リリースノートはこちら参照。TFSはいつもならリリースノートが翻訳されるはずなので、私はやりません(バグの翻訳がめんどく…いや、なんでもない)。

Team Foundation Server 2015 Update 3 | Visual Studio

大きいところではSSHがオンプレミスでもサポートされました。インストール時にチェック入れるとSSHサービスがTFSで動きます。

f:id:kkamegawa:20160628061100p:plain

最初のアップグレードウィザードでSSHにチェックを入れるだけです。

f:id:kkamegawa:20160628061125p:plain

プロフィールページに鍵を登録できます。

f:id:kkamegawa:20160628061126p:plain

TFS管理コンソールではちゃんとSSH有効だよと言われているのですが、SSHの設定を変更するダイアログを出すとなぜか無効です。しかし、teamfoundationsshserviceというサービスが動いていればちゃんと動いているので気にしないでおきましょう。

sc query teamfoundationsshservice

SERVICE_NAME: teamfoundationsshservice
TYPE : 10 WIN32_OWN_PROCESS
STATE : 4 RUNNING
(STOPPABLE, NOT_PAUSABLE, ACCEPTS_SHUTDOWN)
WIN32_EXIT_CODE : 0 (0x0)
SERVICE_EXIT_CODE : 0 (0x0)
CHECKPOINT : 0x0
WAIT_HINT : 0x0

他にもSCVMM以外にもVMWareやAzure DevTest LabsのAzure仮想マシンの管理をサポートするようになりました(要拡張機能)。

marketplace.visualstudio.com

marketplace.visualstudio.com

marketplace.visualstudio.com

Update 2.1からであれば、数分くらいで更新終わるはずです(Core i5マシンの場合)。

Visual Studio Team Services 2016/6/17の更新

ALM Git Java VSO VSTS DevOps

遅くなりましたが、2016/6/17のVSTSの更新のリリースノートの翻訳を行いました。オリジナルはこちらです。

2016-Jun-17 Release Notes | Visual Studio Team Services

今回はGitの細かい改善、テストとリリースの視覚化の強化がおおいですね。個人的にはGitのCIで特定のパス配下が更新された時、という指定ができるようになったのが嬉しいですね。一つのリポジトリに複数のものを格納しやすくなりますね。この辺りは一つのリポジトリでやるのか、一つのリポジトリに関連するものをいれてしまうのか、いろいろ考え方があると思います。

translate to Japanese toVSTS release notes from ht ...

ICU4CのNuGetパッケージを公開しました

ICU C++ NuGet OSS GitHub

今公開したばかりなので、まだ出てこないかもしれませんが、ICU4C 57_1のNuGetパッケージを公開しました。

site.icu-project.org

github.com

www.nuget.org

55_1はNuGetパッケージを作ってくれている方がいたのですが、最新の57_1はまだだったので、まぁいいかということで。C++のNuGetパッケージ作る方法よくわからなくていろいろ試行錯誤したのですが、Win2DやBoostのパッケージがとても参考になりました。ありがとうございます。

C++で作るとき、外部にしかないライブラリを使うときどうするか悩ましいんですよね。基本的にはリポジトリに抱え込むのでしょうが、せっかくVisual StudioではNuGetが使えるので対応してみました。

作り方とかに関してはまた別途書いてみようと思います。