kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Terminal Serviceのライセンス

Windows Server 2003(R2含む)において、Terminal Serviceを使用する場合、通常のCALに加えて、TS-CALというものが必要になります。Windows 2000のときはXP/2000であればクライアントOSにTS-CALを含んでいたので問題なかったのですが、Windows Server 2003になってからこの機能はなくなりました。
Citrix Presentation Server(旧MetaFrame)を使うときもTS-CALは必要になります。MetaFrameのライセンスがいくらあっても、TS-CAL以上の接続はできません(そのはず)。では、ここで問題です。
MetaFrame上のアプリケーションに20台くらいのクライアントをつなぐというデモをほんの数日間行わなくてはならないとき、どうすればいいんでしょう(涙)。
まっとうな方法であればTS-CALを買えばいいのですが、このマシンを継続的に使う予定はありません。マシンもレンタル会社のものです(なので、あとからフォーマットします)。ライセンスを別マシンへ移行できることは知っていますが、TS-CALのバックアップ&移行は割と面倒なので、やりたくないのが本音。
OSの180日体験版は気軽に配ってくれているので、これに99ユーザの180日限定アクセスライセンスとか一緒に付けませんか、Microsoftさん?