読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Visual Studio 2012 Update1 CTP3

Visual Studio 2012 Update 1 CTP - Microsoft Application Lifecycle Management - Site Home - MSDN Blogs
Windows XP Targeting with C++ in Visual Studio 2012 - Visual C++ Team Blog - Site Home - MSDN Blogs
Visual Studio 2012 四半期単位の定期的な更新のCTPが公開されています | "SoftwareEngineeringPlatform.com"
長沢さんの翻訳早い。四半期ごとにアップデートすると告知されたVisual Studio 2012ですが、その最初の更新のCTP3です。

適用前の注意点

  • 本番向け開発環境に入れないようにしましょう。何かあって、自分でトラブル対応できる人ならば。
  • インストール前にVisual Studio 2012を最新の状態にしましょう(JavaScript関係の更新があるはずです)。オフライン状態でこのCTPのみインストールすると、最後に「JavaScriptのパッケージがありません」みたいなエラーが出るはずです(私は出ました)。更新してからCTPを入れてください。

VC++の更新

以前からの公約されていた、「XPで動作するバイナリが生成可能になった」点が実現されています。これは割と恩恵を受ける人が多いと思います。ツールセットでv110_xpってのを選べばいいそうです。
ただ、いいことづくめではなくて、いくつか制限があります。内容はVC++ Team Blogを見てもらうとして、C++ AMPのサポートはない(Vista以降。DirectXを使う都合上、ディスプレイドライバモデルに依存しているのでしょう)ですが、XPサポートを望む人にはまぁ大丈夫かな…。

  • HLSLを生成したければDirect X SDKを入れてね
  • Direct X9をターゲットにしているときはVS2012でグラフィックスデバッグは使えない
  • v110_xpを選択しているときは、静的解析使えない。使いたいときは一時的にv110を選択してくれ。
  • VS2012のリモートデバッガはXPでは動かない。リモートデバッグしたいときはVS2010やWinDbgを使ってくれとのこと。シンボルなどを適切に設定すれば(リモートデバッグする人なら)そう難しくはないでしょう。

既知の問題もあります。

  • VC2012のC++再配布ランタイムにXPサポートしたやつ入れ忘れた
  • インプロセスATLコンポーネントをXPおよびServer 2003に登録できない。

TFS/IntelliTrace関係の更新

IntelliTraceは今までVSのUltimateがないと出力データを読むことができませんでした。この更新からSystem Center Operations Managerでで読むことができるようになります。もともとAVICodeという、MSの外の製品を買ってきて、入れた者みたいですね。どんな感じなのかは試してみたいと思います。
.NET アプリケーション パフォーマンス監視テンプレート

その他

JavaScriptのメモリ関係のプロファイラがつきました。

これ、画面見てわかるかもしれませんが、Windows 7で撮った画面キャプチャです。でも、有効なっています。選択すると、当然起動できません:-)。Launch Application packageとか、Attach to Running Appって、完全にWindows ストア アプリケーションですね。