kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

TFS "15" RC1公開

blogs.msdn.microsoft.com

Team Foundation Server "15" RC1 | Visual Studio

次期TFSのRC1が公開されています。現時点では、日本語優先にしているブラウザで見るとPreview版のリリースノートが表示されますが、一番下にあるロケール設定でUnited Statesに変更すると英語版が見えます。RC1で変更されたところだけ別に書かれているので、見比べると差分がわかります。

残念ながらRC1の日本語版は出ないようなので、次に期待ですかね…どうしても使いたい場合は英語OS,英語SQL Serverでインストールしてみてください。ブラウザが日本語受け入れる設定になっていれば、日本語UIで表示されます。

TFS "15"ではソフトウェアの要件が変わっています。

www.visualstudio.com

  • Windows Server 2016サポート(2008 R2までサポート)
  • SQL Server 2016サポート(例によってCU1入れたほうがいいでしょう)

SharePoint 2016サポートしないってのはちょっと意外ですが、将来のUpdateでやるんでしょうかね。

RC2は出ることが決まっていますが、RC3はRC2までのフィードバック次第、ということだそうです(でも最近の品質を見ると出さないといけないんじゃないかな…)。

テスト関係のUIがものすごく変わっていますね。もうほとんどTest Managerリッチクライアント必要なさそうな。より大規模環境での品質状態のトラッキングがやりやすくなっていますね(VSTSと同じですが)。また、Chrome拡張機能を使用した探索テストの強化が著しいですが、Edgeにも出してほしいものです。

コード検索が入ったけど、Elastic Search使っているとはちょっとびっくりです。これにより、コード検索を使う場合、TFSにもJava Runtimeが必要になります。Server JREでいいそうですが、OracleのサイトにはWindows版にもかかわらず、tar.gzしかなかったので、私はJDKを入れました。事前にJAVA_HOMEの環境変数を設定して、インストーラーが環境変数を認識できるようにしておかないと(つまり再起動しておかないと)インストーラーが失敗します。

Elastic Searchを疑うわけじゃないけど、Java使っているということで、wavedashとかhalfwidth kanaとか大丈夫なんかな…。ちょっと調べてみたいところです。

個人的にはNuGetパッケージサーバー機能がありがたいですね。オンプレミスでNuGet使いたい場合、もともと立てる方法はありますが、TFS使っているなら統合されていたほうが便利ですし。VSTS使っている人ならわかると思いますが、フィードを見せる見せないといったセキュリティが統合されているのは便利です。