読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Build 2016二日目キーノートからVS関係

VSTS VSO Xamarin VisualStudio mobile Microsoft

Xamarin

id:ytabuchiさんのお仕事がw。買収された時から半ば予想されていたことですが、やはりというか、Visual Studioユーザーには無償提供されることになりました。しかもびっくりすることに、Community Edition含むそうです。つまりスタートアップの方には無償でXamarinが使えます。

iOSエミュレータや、コードを編集するとリアルタイムにエミュレータにも反映されるXamarinインスペクタもすばらしいです。

Xamarinのランタイムもオープンソースになるそうです。もともとオープンソース企業でしたし、pull requestとかも普通に受け付けてくれるんでしょう。

Xamarin Text Cloudという実機でテストする機能があるのですが、テストコードを自動で作ってくれるのは素晴らしいですね。

モバイルの開発にライセンスが…とか言っていた向きにも十分検討できますね!Slackでも使っているとか知りませんでした。

無償化の範囲はおそらく今でいうところのBusinessエディションになるのでしょう。

素晴らしいiOSシミュレータも付くそうですが、Appleのライセンスが変わらない限り、Mac不要にはならないでしょうね。MS的にはVSTS+ビルドエージェントでリモートビルドしてね♪ということなんでしょう。

blog.xamarin.com

VSTSとモバイルテスト

買収したHockeyAppとの統合、Xamarin test cloudとの統合。昨年のconnect();でも発表されていました。

  • Xamarinで作ってテストして
  • VSTSでビルド&管理して
  • HockeyAppで先行ユーザにデプロイ&フィードバック&クラッシュダンプ採取

という流れなんでしょう。Xamarin InsightsはHockeyAppとかぶっているので、HockeyAppに移行ということのようです。