kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

続・新PC

 CUBE型なので、ほんと組み立ては楽ですね。ただ、DVD-Rドライブがうまくイジェクトされないのが困りもの。x64版を入れてしまったので、DAEMON TOOLSをインストールできないというのをころっと忘れていた(^^;。
 評価版のWindowsでも後から正式版にアップグレードできるので、まぁ問題ないでしょう。もともとx64 Windowsを試したくて買ったんだし。ただなーCPU切り替え機を入れたら、あからさまに液晶モニタがぼけた…。もうちょっといいの買えばよかったか、それともDVI-Iをサポートした切り替え機(でも高いんだ)を買えばよかったか。ハブが見事に埋まってしまったので、ハブも1000BASE-Tの8portを買う予定。5portの1000BASE-Tのハブ余るけれど、誰かいらない?といってみるテスト(ただし顔見知りの方限定)。
 x64入れて、さらにR2入れると結構いろいろ標準で入っている。

  • .NET Framework 2.0ランタイム
  • Windows Sharepoint Service(MSDEも入るのかな?)
  • UNIX関係いろいろ(ただし開発キットはWebからダウンロード。昨日紹介したもの)
  • ハードウェアの管理(ってなに?)
  • ファイルサーバの管理とファイルサーバリソースマネージャ
  • Common Log File System(ひょっとしてsyslog?)
  • Active Directory Service(AD Application Modeってやつ)
  • WMIプロパイダの追加(InstallerとSNMP)
  • 印刷管理コンソールのコンポーネント

 32bitプロセスをタスクリストで見ると*32とかつくんですね。たとえばctfmon(入力サービス)ならctfmon.exe *32 とか。msiexec.exe,IEも32bit版が起動しています。
 それから、64bit版と言うことで、ディスクにGPTというパーティションスタイルを導入することができます。BIOSではなく、EFI経由で起動するためには必須なんだそうで。ただし、コレ使っちゃうと32bit版のOSではアクセスできなくなるので、64bit版OSを動かしていたマシンからGPTのディスクを引っこ抜いて、32bit版のOSが動いていたマシンでアクセスすることはできないんだそうです。パーティションを割っていても、単一のパーティションに見えるのだそうで。
 それにしてもドライバの数がないから、各社のサイトからダウンロードするの大変だった…。Intelからチップセットドライバとグラフィックスドライバ。Realtekからオーディオ、3comからNICドライバ。いつもですが、NICがほんと大変。今でこそUSBメモリなんてものがあるからいいけれど、昔はFDしかなかったから1.4MBを越えると頭を抱えたものです(^^;。ま、NICの場合は配る方も考えてくれてて、1.4MBに収まるようにできましたけどね。