読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Visual Studio Team ServicesのRelease ManagementでCDを行う(10日目)

昨日まででCIができたので、今度はCD(Continuous Deployment)を紹介します。

はじめに

実はビルドとリリースのタスクは共通で使用できます。タスクを追加するダイアログボックスが表示されると、どちらにも同じものが出ています。なので、ビルド定義内でデプロイしてもいいし、リリース定義の中でビルドしても理屈上は問題ありません。

ビルドの中でデプロイするのも場合によってはありでしょう。自社以外のステークホルダーがいる場合、リリースの承認をもらうといったプロセスが必要になる場合があります。Release Managementはそんな機能を支援してくれます。

リリース定義の作成

f:id:kkamegawa:20161210025428p:plain

ReleasesをクリックしてNew definitionからリリース定義を作成します。ビルド定義同様、作成数に上限はありません。実行時の並列数に応じて変わるのみです。

f:id:kkamegawa:20161210025429p:plain

テンプレートからデプロイを選択します。Emptyを選べば一から作ることができますが、今回はAzure App Service Deploymentを選んでみます。

f:id:kkamegawa:20161210025430p:plain

デプロイに使用するファイルの取得元です。Jenkinsやほかの場所からもとってこれます。今回は内蔵ビルド機能を使用したので、Buildを指定して、ビルド定義をしています。指定したビルド定義が生成したartifactsを取得してデプロイの元データとします。

f:id:kkamegawa:20161210030519p:plain

なお、Jenkinsのような外部のWebサービスを使用する場合、チームプロジェクト内の歯車アイコンからServicesを選んでください。これはビルドのときも同じです。

f:id:kkamegawa:20161210025431p:plain

赤字になっているところは入力必須項目です。もうSPNを使用したAzure Resource Managerデプロイが基本のようで、昔あった非Resource Managerは知らない子扱いのようです。

今回は組織アカウントを使っていますが、組織アカウントで試用アカウントを含むAzureサブスクリプションを管理しておけば、あとは選ぶだけですね。

というよりも、Azure側でApp Serviceを作っておけば、対象となるデプロイ先を選択するだけになります。

f:id:kkamegawa:20161210025427p:plain

もしも組織アカウントに紐づていない(MSアカウントなど)アカウントで管理されているAzureへデプロイしようとなると、ビルド定義でAzure RMでのEndpointを作ることもできますがSPN作るのはめんどくさいです…。

f:id:kkamegawa:20161210025433p:plain

Azureのサブスクリプションがない場合、ここで頑張ってください。

リリース実行

f:id:kkamegawa:20161210025434p:plain

リリース定義を作りました!保存して、Saveをクリックすれば実際に始まります。

f:id:kkamegawa:20161210025437p:plain

もちろんメニューからCreate Releaseを実行すれば開始されます。

f:id:kkamegawa:20161210025435p:plain

artifactを選択します。artifactは1種類しかないので、primaryひとつですが、複数のartifactを指定することもできます。

f:id:kkamegawa:20161210025436p:plain

このようなダイアログボックスから、ビルドとビルドが生成したartifactsを選択します。ここで選ぶのは一つだけですが、リリース定義では複数のartifactsを関連付けることができます。

f:id:kkamegawa:20161210025439p:plain

リリースの作成ができたらRelease-1という文字列が表示されています。"Release-1"をクリックしてください。

f:id:kkamegawa:20161210025440p:plain

ビルド完成です。ログや細かい解説はまた明日…

f:id:kkamegawa:20161210025441p:plain

無事にデプロイも終了です。お疲れ様!

まとめ

簡単にCD機能をご紹介しましたいかがでしたでしょうか?Release Management機能を使えばビルドとほとんど同じUIでビルドのように簡単にリリース機能が作成できます。この手軽さを知ったら、自分でビルドして、ファイル作って…というのが非常に邪魔ですね。

メンテナンスやなれるまでに時間がかかると思いますが、使い続ければ非常にメリットのある機能なので、ぜひ使ってください。