読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Visual Studio Team Services 2017/2/15の更新

遅くなりましたが、Visual Studio Team Services 2/15(Sprint113)のリリースノートの翻訳を行いました。翻訳している間にしれっと更新されていてあれ?と…。ところで展開が「一週間以内」ではなく、「三週間後」(次のスプリントまで)にしれっと…。

MSの内部でもGitがよく使われているのか、Git関係の強化がすさまじいですね。今はわからないけど、以前(去年7月ごろ)のGitHubでは長文に対してあちこちコメントがつけられると、どのコメントが対応済みなのかぱっとわからなくて大変困りました。コメント対応済みのカウントがでていればわかりやすくてよさそうです。

ここでようやくエージェントの数で課金ではなく、ビルド/リリースパイプラインの並列度での課金に代わりました。Mac, Linuxなどを何台ぶら下げていてもOKです。ただし、標準では1並列なので、全部シングルキューでビルド/リリースされます。ブランチポリシーを使っているとちょっと時間がかかるかもしれません。

Azure ADの条件付きアクセスポリシー(でいいのかな)はいいですね。今まで、いつでも、どこでもコードを管理できる、というのは売りでしたが、それでは困る、というのも現実問題としてありました。IPフィルタリングも変わった場合に面倒です。そこで、AADと連携して、設定できるようになりました。自宅でこっそり、という状況を防げます。

エージェントにソースを保持するのはいいけど、使わないものまでずーっと持たれていると困ります。エージェントキュー単位で適度にクリーンアップができるようになりました。これも結構困っていた問題の1つで、助かります。

ではまた三週間後!

translate to Japanese to VSTS release notes from h …