kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Office 365 PlannerとVSTSのタスク管理の使い分け

先日、Office 365のPlannerという機能が正式版になりました。VSTSをはじめとする、開発ツール系に組み込まれているタスク管理とどう使い分けるのか悩む人もいるんじゃないかな、と思います。こんな風に使うといいんじゃないでしょうか。

Office 365 Planner – チームの作業管理

blogs.technet.microsoft.com

Office 365 Planner

  • Office 365 の契約があれば使える(Enterprise E1 ~ E5、Business Essentials、Business Premium、Education)
  • 成果物は主にOfficeで作成されるようなドキュメント類を管理したい
  • 階層化された機能に基づくバックログ、要求事項ベースで「どうなったっけ?」という追跡を必要としない
  • 非開発者が使いたい
  • 割と短期間でチームを作成/解散して、タスクを管理したい
  • 特定の手順に縛られずに管理したい
  • Azure ADでメンバーの管理をしたい

VSTSなどの開発リポジトリと連携するタスク管理

  • 組織として、製品をリリースし、成功するために使う
  • 複数のチームと連携して階層化された機能リストやバックログに基づいて進捗を管理する
  • 主にソフトウェアを作り、リリースする
  • カンバンのように使いたい
  • ソースコードやリリースと連携させたい
  • MSアカウントおよびAzure AD両方で管理したい(どちらかでも可)
  • 無料で使いたい(5人まで)