kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Windows Server Coreの初期設定を行う

PowerShellだけでやろうかと思っているので、たぶんWindows Server 2012 R2以降じゃないとできないはず。まだやってる最中なので、適宜追記予定。

コンピュータ名の変更

Rename-Computer -NewName 2016tp5 -ComputerName .

これで2016tp5というコンピュータ名に代わる

Active Directoryドメインに参加する

Add-Computer -DomainName CONTOSO -Restart

Contosoドメインに参加する。ドメイン参加するための認証ダイアログが表示されるので、適宜入力。-Credencialを指定するとその認証を使ってくれる。

リモート管理を有効にする

コマンドプロンプトから

Winrm qc

PowerShellで

Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts * -Force

これで enter-pssession コンピュータ名 -Credential administrator などでリモート管理可能になります。

システムロケールを英語に変更(英語版を入れた人は不要)

set-WinSystemLocal en-us
restart-computer

なぜかといえば、現時点ではコンテナは英語じゃないとうまく動かないものがあまりにも多いため。

Windows コンテナをインストール

TP5の場合、この記事参照。

Getting started with containers and Docker on Windows Server 2016 Technical Preview 5 | Julien Corioland – Microsoft Azure Technical Evangelist

最初にWindows Containerの機能をインストールするが、その際一度再起動が実施される。再起動前にdockerクライアントはインストールされないため、このスクリプトを二回動かす必要がある。

powershell.exe -NoProfile C:\Install-ContainerHost.ps1

firewallの設定

(以下Todo)

  • Hyper-Vリモート管理を有効にする
  • Hyper-V 管理クライアントを有効にする
  • Firewallリモート管理を有効にする
  • 「仮想マシンの監視」リモート管理を有効にする

この辺で一通りできるようになるかな。