kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Visual Studio Team Services 2/16の更新

全然気づいていなかった…というか、2/18って、ComCampの準備で完全に見ていなかったので、VSTSが更新されているとは気づいていませんでした。いや、確かにダッシュボードに見慣れない作業項目のチャートが追加できるなぁとは思っていたのですが。

ざっくり翻訳なので、少し意味が通らないところがあると思います。想像…ではなく、実際に使って補ってみてください(__)。オリジナルはこちらです。

2016-February 16 Release Notes | Visual Studio Team Services

今回の個人的な目玉として、ついにSCVMMがサポートされました。もちろん組織内のFirewallに8100/tcpの穴を開けないといけないので、そう簡単には使えないでしょうが、既存のSCVMMを活用できるという道筋がついただけでもありがたいですね。仮想マシンを使う場合、Azureの課金に怯えなくていいですしw。

あと地味に嬉しいのが、テスト計画を直接削除できるようになったこと。これ困っていたんですよね。UserVoiceでもトップ要求項目の一つだったそうです。

Gitのリポジトリだけで使える、ブランチポリシーの新しいオプションも地味に便利です。特にプルリクエスト後のマージで指定時間内にマージしないと無効にさせるというオプションは例にある通り、共通ライブラリ的なものを更新して、マージを後回しにしてしまって、矛盾が発生した場合ビルドが壊れるといった状況をふせぐことができそうです。

探索テストで使用している拡張機能のスタンドアロンモードも便利に使えそうです。

あと、DACPACのデプロイタスクの追加も嬉しい。これも個人的に困っていて、コマンドプロンプト動かしてやらないとダメかなぁ、でも、パスワード書きたくないしなぁと思っていたのです。

translate VSTS description at 2016-feb-16's update