読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Windows 7/8.1/Server 2012/Server 2012 R2用PowerShell v5リリース!

これはPowerShell Advent Calendar 12/19分の記事です。

atnd.org

正直ネタどうしようかなぁと思っていたら、ちょうどいいところにWindows 7/8.1/Windows Server 2012/2012 R2用PowerShell v5(正確にはWindows Management Framework 5.0の一部)がリリースされたので、紹介記事にしたいと思います(ごめんなさいごめんなさい)。

Windows Management Framework (WMF) 5.0 RTM is now available

PowerShell 5.0でどんな新機能があるかというのはぎたぱそ氏の素晴らしい記事があるので、どうぞ。これはclassの記事ですが、記事内に他の記事へのリンクもあります。

tech.guitarrapc.com

で、ダウンロード先を見てみると…Englishのみとなっているんですね。しょうがないなぁとおもいつつ、ダウンロードしてAzureの仮想マシンに入れてみました。でも安心してください。入りますよ(Windows Server 2012 R2 日本語版)。

f:id:kkamegawa:20151219083926p:plain

EULAも日本語表記されます。

前後しますが、ダウンロードセンターからダウンロードするとこんな風に対象OSごとにバイナリが分かれています。私はWindows Server 2012 R2のみをダウンロード。余談ですが、Windows 10でダウンロードするとWindows 7/8.1用は表示されませんでした。

f:id:kkamegawa:20151219083925p:plain

インストールするとタスクバーのピン留めアイコンも変わります。これはAzureの仮想マシンですが、なぜか手元のWindows Server 2012 R2日本語版に入れるとタスクバーの画像は変わっていませんでした。スタート画面では変わっていたので、キャッシュか何かでしょう。

f:id:kkamegawa:20151219083922p:plain

これは完全にOSインストール直後のPowerShellですが、コマンドレットは1411個登録されています。

f:id:kkamegawa:20151219083923p:plain

PowerShellのMajorも5になり、BuildはWindows 10 TH2相当の10586ですね。

f:id:kkamegawa:20151219083924p:plain

余談ですが、私のWindows 10(Azure SDKとかも入っています)はこれだけ。例によってOS固有のコマンドレットはPowerShell 5.0では入らないので、気を付けてください。でも、Zipファイルを扱うコマンドレット(Compress-ArchiveやExpand-Archive)は入っているので、これだけでも更新する価値はありますね!

Compress-Archive

ただ、標準コマンドレットにはエンコーディング指定するところがないようなので、おそらく日本語のファイルはUTF-8でエンコードされるのでしょう。Windows 7/Windows Server 2008 R2の人はKB2704299のパッチを当てておきましょう。Windows 8以降の人はOSが対応しているので、何もしなくても構いません。

File names are corrupted after you decompress a .zip file in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2

ではちょっとPowerShell 5.0の新機能class構文を試してみます。

f:id:kkamegawa:20151219083928p:plain

Happy PowerShell!

…ただ、ここまでのすくりーショットを見て気づかれたと思いますが、Windows 10のPowerShell 5.0と異なり、シンタックスハイライトはないようです(どこかに設定ないのかな…)。引き続きPSReadLineのお世話になるのがいいでしょうか。

blogs.technet.com

…ということころまで書いてぎたぱそ氏が素晴らしいエントリを書きました…もうこれいらないくらいな(^^;。

tech.guitarrapc.com

やっぱりExchange 2010/2013,SharePoint 2010/2013,SCVMM 2012入れている環境には対応しないんですね。この辺しょうがないんですが、うーん…。