読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

SmartOffice4TFS と inteGREAT4TFS がMSDN契約者向けに提供開始

ALM Office TFS VisualStudio

日本でTeam Foundation Serverの拡張機能を売っているベンダーは多くありませんが、海外ではいくつか存在します。今標準機能になったRelease Management ServerももとはInCycleという会社のInReleaseというプラグインソフトでしたが、部門買収でTFSに付属することになりました。TFS 2012以降標準で機能制限版(Community Edition)が付属するPreEmptiveのPreEmptive Analyticsなんかもそうです。

www.preemptive.com

で、その一つSmartOffice4TFSとinteGREAT4TFSもMSDN契約者向けに無償で提供されることになったそうです。

SmartOffice4TFS and inteGREAT4TFS available for Visual Studio Enterprise with MSDN subscribers

SmartOffice4TFS というのはOffice(Word/Excel/Outlook/Visio)からTFSの機能にアクセスするためのソフトです。ExcelとOutlookはTeam Explorerをインストールすれば今までも使うことができましたが、有償品だけあってもうちょっと高度なことができそうです。

日本ではWord毛嫌いされていることが多いかもしれませんが、WordでテストケースやWorkItemを書くことができるようになるのは便利です。私は今まで同じカテゴリーの製品であるTeamSolitionsの製品を使っていました。いや単にMVP向けNFRライセンスがあったからなんですが…。

Integrating Microsoft Word and Outlook into Team Foundation Server

kkamegawa.hatenablog.jp

申し込み手続きは簡単です。MSDNのアカウントページに移動して、「登録とダウンロード」をクリックします。

f:id:kkamegawa:20150819232216p:plain

すると、modernrequirementsのサイトに行って、登録します。

  • 氏名

  • 会社

  • 役職

  • 電話番号(日本の場合は+81から)

  • MSDNサブスクリプションのメールアドレス

これだけ入力して、Get License Key and Downloadをクリックすると、ライセンスの画面になります。これは省略。

f:id:kkamegawa:20150819232234p:plain

後は好きなソフトをダウンロードしてください。MSDNの場合、Community Supportということで、フォーラムのみのようです。電話、メールなどのサポートがほしければ$350/年の有償契約をする必要があるようです。

f:id:kkamegawa:20150819232252p:plain

これらのソフトの使い方はおいおい…。