読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

TFS2015とVS Onlineの機能比較

ALM Azure IntelliTrace office365 ReleaseManagement TFS VSO VisualStudio

Team Foundation Server 2015とVisual Team Servicesは似ているようで結構違いがあります。かなりのことは近づいてきたのですが、それでも構造上どうしてもできない、ということはお互いに存在ます。ちゃんとまとめられている資料がなかったので、個人的にまとめてみました。誤りとか、足りないところがあれば教えてください。本当は機能ごとにリンクがあればいいんですが(^^;。

なお、この比較は2015/8/16時点のものです。将来変更されると思います。※がついているところはTFS2015の新機能です。

(2016/2/25 update) SCVMM,Gated Buildのサポートが入ったので追記.VS OnlineからVSTSへ変更

大分類 中分類 TFS2015 VSTS
チームプロジェクト管理 プロジェクトのWebでの作成 ×
プロジェクトのリネーム(※)
CMMIプロセステンプレート
Agileプロセステンプレート
Scrumプロセステンプレート
プロセステンプレートの追加・変更
SharePointとの連携 ×
MS Project Serverとの連携 ×
複数のプロジェクトコレクション管理 ×
拡張機能の追加
ソース管理(TFVC) 履歴管理と差分閲覧
作業項目との関連付け
コードレビュー
シェルブ
ゲートチェックイン ○ (2/25)
ブランチとマージ
ソースコード検索 × ○(2/25)
ブラウザでのソースコード編集
テスト項目との関連付け
ソース管理(Git) ブランチ
プルリクエスト
ブランチポリシー(※)
リベース(※)
作業項目との関連付け
履歴管理と差分閲覧
ソースコード検索 ×
外部アバターのサポート
ブラウザでのソースコード編集
テスト項目との関連付け
チケット管理 イテレーションの設定
エリア(作業領域)の設定
レーンの設定(※)
ストーリーボードの管理
カンバンでのタスク管理
列の変更(※)
カードのカスタマイズ(※)
タグの色付けをカンバンに表示(※) ×
Epicの管理(※)
作業期間の設定
カンバンの列の分割(※)
作業予測
ベロシティと作業累積グラフ
キャパシティ管理
検索クエリの構築と管理
ビルド(新ビルド)(※) Xamarinのサポート
Xcodeのサポート
Androidのサポート
ビルド定義のテンプレート化
ビルド変更履歴管理
外部Gitレポジトリのビルド
GitHubレポジトリのビルド ×
継続的インテグレーション
スケジュールビルド
ビルド定義のセキュリティ設定
Azureへのデプロイ
Xamarinテストクラウドサポート
クラウドベースの負荷テスト実行
クラウドベースのWebテスト実行
単体テスト実行
テストエージェントを使用したUIテスト
複数組み合わせのビルドの並列実行
Mac/Linuxビルドエージェントサポート
Webでの編集
ビルド定義の一時保存
ビルド(XAMLビルド) 継続的インテグレーションのサポート
ゲートチェックインのサポート
スケジュールビルド
ビルド時Lab Managementと連携して自動テスト ×
ビルド時Azureデプロイ
複数ビルドエージェントの管理
Visual Studioでのビルド定義作成
ローリングビルド
高度なビルドを行うテンプレートを独自に作成
SharePointへの継続的インテグレーション
テスト管理 Webでのテストケース作成(※)
Webでのテスト実行(※)
実行時パラメータの編集
TestManagerでのテストケース管理
テストのパラメータを使用した可変テスト
探索テスト(1)
テスト実行中にIntelliTrace情報収集(1)
テスト実行中にイベントログの取得(1)
テストの影響分析を実施(1)
ASP.NETアプリケーションのコードカバレッジ取得(1)
システム情報の取得(1)
操作ログ記録(1)
画面と音声の記録(1)
SCVMMと連携した仮想マシンの作成と自動テスト(1) ○(2/25)
自動テストの実施
クラウド上のホストを使用したテストマシン管理と実行(※)
テスト対象コンピュータの管理とWinRMによる自動テスト(※)
テスト対象コンピュータのOSとIEの組み合わせの構成を行う(1)
テストの実行を分析(1)
バグからテストケースを作成(1)
ビルド結果を比較して推奨テストを列挙する(1)
テスト実行前に対象環境の設定を変更する(1)
リリース管理 ReleaseManagementのインストールが必要(2)
Chefを使ったリリース
PowerShell DSCを使ったリリース
Webでのリリース設定(※)
Azure Blobへのコンテンツアップロード
負荷テスト Webサイトからの簡易Web負荷テスト ×
Web Load Testプロジェクトを実行する ×
レポート SQL Server Reportingによるレポートのカスタマイズ ×
PowerBIによるレポート作成 ×
Webポータルでの簡易レポート作成 ○(※)
外部サービス呼び出し(※) 逐次外部サービスが追加、更新される(3)
Azureサブスクリプションを登録して使用可能
Chefサーバを登録して使用可能
GitHubアカウントを登録して使用可能 ×
任意のサービスのAPIトークンを登録して使用可能
通知 設定したイベントでメール通知
Webインターフェース UIのローカライズ ×
プロジェクトのWelcomeページをMarkdownで書く(※)
チームプロジェクトのWebでの削除 ×
新ビルドキューの管理(※)
Webでのソースコード編集
TeamRoom
セキュリティ Azure ADによる認証 ×
MSアカウントによる認証 ×
オンプレミスADによる認証(4)
Oauthによる外部サービスとの認証 ×
別名認証(5) ×
アクセストークンによる機能のAPIアクセス ×
ライセンスのアクセスレベル制御
監査ログのダウンロード ×

補足をいくつか。

  • プロセステンプレートの追加は将来的にVS Onlineでも使えるようになる予定です。TFSに比べれば限定的

  • 拡張機能の追加はVS Onlineでも限定サポート

  • TFVCのコードレビューはVS2015からProでも使えます。

  • ゲートチェックインは現在新ビルドでは未サポート

  • ソースコード検索は現在Gitのみ

  • プルリクエストはWebでのみ実行可能

  • バックログやタスクを種類によって見やすく分類するための道路のレーンのようなもの

  • 「列の変更」「カードのカスタマイズ」はVSOのほうが高度なUIを提供(そのうちTFSも更新されるはず)

  • 「カンバンの分割」ではApprovedの列をDoingとDoneのように分割する機能

  • (1)はTest Managerが必要

  • (2)は現在未提供

  • Web Load TestはVisual Studio 2015EnterpriseかVisual Studio 2013 Ultimateが必要

  • (3)はTFSはUpdateのタイミングで追加されると思われる

  • (4)VSOはAzure ADと同期していれば可能

  • (5)はMSアカウントが使えないクライアント(Eclipseなど)からのアクセス用

(2015/8/19追記)MS ProjectではなくMS Project Serverの誤りでした。クライアントソフトウェアであるMS ProjectはVS OnlineもTFSも使えます。