読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

TFS 2015 CTP1公開

.NET ALM TFS VisualStudio VSO

英語版のみですが、Team Foundation Server 2015 CTP1が公開されました。ざっくりと。

MSDN Blogs

原則TFSはVS Onlineの特定の時期の機能のスナップショットをリリースすることになるようで、現在のVS Onlineの機能を使っていれば違和感なく使えると思います。

拡張性

TFS 2015でやっとVS OnlineのようなREST APIが提供されるそうです(いやマジTFS API泣きそうだったし…)。OAuthおよびService Hookの互換性もVS Onlineと同じ(エンドポイントが変わるだけ)なので、だそうなので、オンプレミスとWebサービスの連携がやりやすくなりそうです。

アジャイルツールの強化

長すぎて書けないそうです(笑)。VS Onlineの半年ほどの強化が全部入るのでしょう。

ライセンス変更

VS Onlineと同等のライセンス変更になるそうです。

TFS 2013以降のアップデートを含みます

とうぜんそういうこと。テストケースの管理が今後TFS 2013にも提供されるけど、それも含まれる、ということかな。

Git

Git関係のちょっとした強化。TFS 2013の今後のアップデートもGit関係は多く強化されるそうです。TFS 2015も同様に、ということみたい。 で、大変たくさん要望があるチームプロジェクトのリネームは今回のCTPでは入ってないそうです(残念)。開発は続けているそうなので、今後提供されるそうです。

その他

Go-Liveライセンスはつかないこととと、このCTPではフル機能が入っていないので、気を付けてください。VS Onlineの更新は今後続けていくので、VS Onlineを見ていればTFS 2015の新機能はわかるでしょう。