読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Visual Studio "14"のPerfTips

.NET ALM Performance VisualStudio

Visual Studio "14" CTP3の新機能、PerfTipsいいですね。

http://blogs.msdn.com/b/visualstudioalm/archive/2014/08/18/perftips-performance-information-at-a-glance-while-debugging-with-visual-studio.aspx

簡単にいえばデバッガで止まったときにその処理時間を表示してくれます。既定では処理時間で、オプションでCPU時間も表示されます。

CTPはProfessionalですので、このまま製品でもProfessionalエディションでも使えるといいですね。

f:id:kkamegawa:20140827060520p:plain

オプションのダイアログで時間を設定することにより、指定した時間よりかかった場合、ブレイクポイントで止まるようになるようです。残念ながら個別のブレイクポイントで指定することはできないようですね。

f:id:kkamegawa:20140827060532p:plain

処理時間を40msecに指定すると40msec以上になったときだけ止まっています。同様にCPU時間を指定することもできます。

上の例ではメソッドの呼び出し位置にブレイクポイントを付けていますが、そうではなくて、メソッドの最初の中かっこ({)と最後の中かっこ(})で一つずつ設定すればそのメソッド内の処理時間が測れるので便利です。

もちろんLINQクエリでも測れますよ。