kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Visual Studio 2013 Update3とALM関係

Visual Studio 2013 Update3 正式版が公開されていますね。

Description of Visual Studio 2013 Update 3

 ダウンロードは上記のリンクからどうぞ。AzureやVS本体はNo1の方が紹介してくれているので、それ以外のことをさっくりと。

Visual Studio 2013 Update 3 RTM / Azure SDK for .NET 2.4 RTM / 他
Visual Studio 2013 Update 3 RTM / Azure SDK for .NET 2.4 RTM / 他 « ブチザッキ

CodeLensのGit対応

 チームプロジェクトをGitで作った場合の制限事項の一つ、CodeLensが対応されました。ただ、CodeLensを使った場合、巨大なファイルをコミットしてしまうとパフォーマンスがすこぶる悪いという問題があり、Update3でCodeIndexというコマンドが追加されています。

CodeIndex Command

例:TfsConfig codeIndex  /collectionName:<CollectionName>

自動生成されたファイルは大きくなりがちなので、夜間など定期的に実行しましょう。他にWorkItemの関連付けができるようになって、Lyncから呼び出しとか

IntelliTrace

あれ、まだIntelliTrace Collectorがある(^^;。なくなったとか書いていたのにー。ただし、Windows PhoneのAny CPUで作った場合のIntelliTraceはまだ改善されていないそうです。

Release Management

旧InReleaseとして販売されていた3rdパーティ拡張機能ですが、MSの部門買収に伴い、Visual Studio 2013からVisual Studioの一部として販売されています。Update3でChefおよび、PowerShell DSCが正式サポートになりました。ただ、ちょっとセットアップというか、構築するのちょーっと大変な予感…。

ちなみにMSDNのUltimateライセンスでは一台のサーバにしかデプロイできません。

dsc Cookbook - Chef Supermarket

Getting Ready for Chef + PowerShell DSC | Chef Blog

MSDN Blogs

MSDN Blogs

Release Managementは管理サーバとインストール先のサーバに入れるAgent、リリースを承認、申請するクライアントからなります。PowerShell DSCやChef使うとたぶんAgentいらないのかもしれません。

Application Insights

MS版NewRelic(とまではいかない?)Application Insightsのツールが統合されました。ASP.NETとかWindows Phone,Windowsストアアプリケーションであればワンクリックで対応コードを追加して、自動的にVisual Studio Onlineの管理ポータルで見ることができます。

f:id:kkamegawa:20140805060804p:plain

性能分析関係

Performance and Diagnosticsハブで表示されるメソッドの呼び出しツリーから直接ソースに移動できるようになりました。あれ、今までできなかったっけ?というくらいのものですが便利ですね。C#/VB/C++/JavaScript全部対応しているそうです。

マネージドコードのダンプ解析ツールも入りました。WinDbgでもできることですが(^^;。Visual Studioの中からヒープダンプをとれるようになったのもうれしいですね。

まだまだいっぱいあるはずですが、英語Blogも読んでいただければ。