kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

OutlookでTFSの作業項目を管理する拡張機能

TeamSystem Solutionsという会社が作っているWordとOutlookの拡張機能の紹介です。今日はTeamLookというOutlook拡張機能。Office 2007/2010/2013の32bit版/64bit版に対応しています。

Integrating Microsoft Word and Outlook into Team Foundation Server

インストールするとOutlookにTEAMLOOKというタブが追加されます。Visual Studio同様にタブの名前が大文字ですね。

f:id:kkamegawa:20140211141935p:plain

 

こんな風に管理するプロジェクトを追加するとOutlookにTeamLook配下でTFSの定義済みクエリを実行して、結果の参照ができるようになります。ビルドエラーがたくさんでています…。f:id:kkamegawa:20140211141956p:plain

 

Create Work Itemをクリックするとこんな風にWork Itemを登録することができます。f:id:kkamegawa:20140211142020p:plain

 

画面上にあるアイコンは左からこんな役割です。

  • メールで送る
  • スケジュールとしてOutlookのカレンダーに追加する
  • Outlookのタスクとして追加する
  • ほかのWork Itemと関連付ける
  • Work Itemのコピーを作成する
  • 印刷プレビューの表示
  • 印刷

 

実際にスケジュールとしてOutlookのカレンダーに追加するをクリックすると、こんな感じで表示されます。f:id:kkamegawa:20140211142033p:plain

 

そのまんまOutlookでのスケジュールですね(当たり前)。最後にクエリ結果上で右クリックするとこんなメニューが表示されます。

 

f:id:kkamegawa:20140211142044p:plain

 選択した項目をExcelで表示したりレポートを作成したりできますね。Outlookはこんな風に拡張して、クライアントの統合環境として便利ですね。あ、もちろんSurface RTおよび、Surface2(ARM版のWindows)ではこの拡張機能は動きません。