kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Visual Studioでソリューションのソースコード管理プラグインを変更する

Visual Studioでソリューションファイルを開くと自動的にTFSやSVNなどにアクセスしますよね。あれはVisual Studio本体に組みこまれているプラグインと、ソリューションファイルの設定によります。
Visual Studio 2012の場合、VSCommandという拡張機能でサポートされています。ソリューションファイルを開いて、ソリューションから右クリックで「Zip Solution」という項目があるので、その中にあるRemove Source Control Bindingをチェックすればきれいさっぱり削除してくれます。人にzipで渡すとき便利なので使ってみてください。

VSCommands for Visual Studio 2012 extension
一応有償のソフトですが、しばしば期間延長していますね。Visual Studio 2010でできるか…ですが、残念ながらVisual Studio 2010用のVSCommandではこの機能をサポートしていないようです。
拡張子slnのファイル(中身はXMLです)をいじればソースコードバインドが削除できますので、自力で頑張る、ということになります。
ソースコードバインドを外せば別フォルダなどでTFSに関連付けすることができます。今すぐにVS2010の環境用意できないのですが、slnファイルを見比べればわかるかも?