kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Visual Studio 2012 Update2 CTP/TFS 2012 Update2 CTPでGitサポート開始

ALM Summit 3のキーノートでいろいろ発表されました。

Gitサポート開始

今の流れとして、いつかはサポートされると思っていましたが、意外と早かったというのが個人的な感想です(早くても次のUpdate3くらいかなーと思っていました)。

  • Visual Studio 2012 Update2で以下のVS Tools For Gitという拡張機能を追加することによりGitクライアント機能追加
  • TFS 2012 Update2でGitプロトコルをサポート
  • TFS Serviceでは今日からプロジェクト作成する時にGitを選択することができるよ!

Visual Studio Tools for Git extension
Git init VS - Brian Harry's blog - Site Home - MSDN Blogs
Getting Started with Git in Visual Studio and Team Foundation Service - Microsoft Application Lifecycle Management - Site Home - MSDN Blogs
Visual Studio 2010はおろか、VS 2012 Update1でもサポートされないのはおそらくVS自身のソースコードプロバイダー機能に手が入っているからではないかな、と思います。現在ソースコードプロバイダーは一つしか選択できません。この辺はしょうがないかな、という感じです。

Fakes FrameworksがPremium Editionに

UltimateのみだったFakes FrameworksがPremium Editionにもやってきます。やったね!

Blendのフルサポート

WindowsストアアプリケーションのみサポートだったBlendがSketchFlowなどのフル機能を実装するそうです。

Web Test Case Manager

今までテストセンターというスタンドアロンアプリケーションだったテストケース管理ツールがWebブラウザでも使えるようになりました。仮想マシン管理はまだみたいなので、完全にいらないとはならないようですが、いいですね。

Work itemにタグ付けられるようになった

こういう形じゃなかったかもしれないですが、Workitemはクエリ作るのもあれだし、検索機能何とかならないかなぁとずっと思っていました。タグ付けられるようになるといいですね。

Visual Studio 2012 Update2 CTPはここから

We are sorry, the page you requested cannot be found.
注意点:
既存環境に入れないようにしましょう。特にTFSはアップグレードしちゃうとたぶん正式版にアップグレードできない、と思います(前のUpdate1のCTPもそうでした)。
日本語版もありますが、Visual Studio本体のみのようです。TFSを試すには(いないかな…)英語版で。
We are sorry, the page you requested cannot be found.
いやー今まで内部にGitサーバー作っていて、どうしようかなーWindowsだとめんどいなーとか思っていたのですが、消せそうで安心です。おそらくExpress Editionでも使えるので、Windows版のGitとしていい環境になるかもしれませんね。
この日記を書いている裏でもいろいろ発表されているので、細かいことはまた追記するか、2/1のイベントで皆さんがばっちり使いこなして発表してくれることでしょう!(たぶん)
イベント ホーム