kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

Windows 8の新規インストール

Cドライブとして使っていた、Intel SSD 120GBが完全に容量不足になってしまったので、ついでにWindows 8に乗り換えました。今までWindows 8検証用で使っていた実機をWindows 7検証用の実機として再構築するかな。
さて、引っ越すとなると結構大事ですが、幸いにしてWindows自身の設定はMSアカウントに紐づくのでこれは大したことありません。アプリケーションのインストール順はちょっと気を付けておかないとはまるとは言わないまでも、後悔します。今回はこんな順番。

  • 最初に各種ドライバインストール(ディスプレイドライバ,プリンタ,MSマウス)
  • Adobeのソフトインストール(私はCreative Cloud)
  • グラフィックス製品インストール(Lightwave,Paint.NETなど)。
  • SQL Server 2012 Express SP1
  • Office 2013
  • Visual Studio 2012
  • Visual Studio 2012 Update1

最初にSQL Server 2012 Expressをインストールしておけば、Visual Studioがついでに入れてしまって、Service Packインストールの手間が省けるのでいいですね。
終わった後にお好みでWebMatrix2などをどうぞ。Expression Studioは今回まだ入れていないのですが、どうしようかな?フリー版が出たら考えてみようかな、と思います。
その他やった作業。

ディスクの移行

私はディスクを再インストールごとに新しくしています。今回も起動ドライブをIntel SSDからCrucialのm4 512GBにしました。これにした理由は安かったから(^^;。512GBで三万円くらいで入手性のいいものってこれしかなくて…。HDDよりも早ければまぁいいかと。
[メーカー3年保証付] Crucial m4 512GB 2.5inch SATA 6Gbit/s CT512M4SSD2

[メーカー3年保証付] Crucial m4 512GB 2.5inch SATA 6Gbit/s CT512M4SSD2

データの移行のために一応Windowsデータ転送ツールでバックアップは取りましたけど、ドキュメントフォルダなどは全部別のドライブに変更していたので、ドライブレターを合わせるだけでした。Active Directoryを使っているので、SIDも変わらないため、セキュリティの設定変更もありません。すばらしい。
一つだけミスはOutlookともう一つのメールソフトのデータ保管場所を間違えていたこと…。てっきりデータドライブに入れていたと思っていたのに。
もうディスクは外していたので、USB HDDのケースに入れて臨時で引っ越し作業しました。こういう時のためにこういうものを一つ持っておくと便利です。
玄人志向 3.5型HDDケース SATA接続 電源連動 USB2.0対応 マットブラック GW3.5AA-SUP/MB

玄人志向 3.5型HDDケース SATA接続 電源連動 USB2.0対応 マットブラック GW3.5AA-SUP/MB

VMware PlayerからHyper-V仮想マシン移行

一部機能はHyper-Vよりもいいものがあるので、そのままVMware Playerを使い続けてもよかったのですが(Aero Glassとか)、Hyper-Vに移行しました。

  • VMware Toolsを削除しておく。
  • ディスクをvmdxからVHD形式に移行する。
  • Hyper-Vにマウントして統合サービスセットアップディスクから統合サービスをインストール。
  • 再起動(たぶん再度アクティベーションが必要になります)

私はディスクの変換にはStarWindさんのツールを使いました。このコンバーターはユーザー登録のみで使えます。vhdのままでもいいですが、Hyper-V側でvhdxに移行しておいてもいいかもしれませんね。
窓の杜 - 【REVIEW】仮想ディスクフォーマットをVMDK/VHD/IMGへ相互変換「StarWind (V2V) Converter」
変換には結構時間がかかります。同一ドライブ内でやるとさらに時間がかかります。

Hyper-V接続ツール

Hyper-Vマネージャーのほかに、Hyper-V仮想マシン接続というツール(vmconnect.exe)がついています。Hyper-Vマネージャーで「接続」をしたときに表示されるツールです。ところが、このツールで仮想マシンを起動しようとしても、Administrator権限を持っているユーザーでも、仮想マシンの一覧が表示されません。
これ教えていただいたのですが、Hyper-V Administratorsという権限がないと、ここに出ないそうです。

ただし、Hyper-V Administratorsでは権限が強すぎて、それこそ仮想マシンの作成削除、設定変更何でもできます。
パーソナルユースならこれでもいいのですが、接続だけ、起動、終了だけしたい、という場合はAZmanという承認マネージャーで細かく権限を設定する必要がありますが、Azmanまで使うか?というくらいのものなので、素直にHyper-V Administratorsにログオンユーザーを追加してもいいでしょう(ただし小規模での利用する場合)。
Hyper-Vサービスの再起動かOS再起動後、接続ツールに使用可能な仮想マシンが表示されます。