kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

System.IO.ZipArchiveクラスの互換性問題その3

System.IO.ZipArchive zipped only UTF-8 encoding | Microsoft Connect
一言でいうと、「ZIPはCP437かUTF-8が標準なんだから、エンコーディングなんか指定できる必要ないんじゃね?」ということでクローズされました(;-;)。まぁこのクラスがEncodingを指定できるようになってくれるのがいいのですが、もっといいのはWindowsのzipフォルダーがサポートしてくれることでしょうかね。
とはいえ、延長サポートに入ってしまったXP、もうすぐ(2012/4)延長サポートに入ってしまうVistaの仕様変更を入れてくれるとはとてもじゃないが思えませんし、全員にWindows Updateかけるのもなぁ…とも思います。
ちょっと違うよ!日本語WindowsではほとんどのZIPファイルをこれで作るから、困るんだよーってことを書いて、再オープンしてみましたが、どうなるんだろ。とりあえず、このままだと日本人誰も使わない言いすぎですが、それに近い状態になってしまうので、何とかしたいところなんですが。
前の記事
System.IO.ZipArchiveクラスで日本語が使えない話その2 - 新日々此何有哉
.NET 4.5のSystem.IO.Compression.ZipArchiveクラスと日本語版WindowsのZipフォルダー - 新日々此何有哉