kkamegawa's weblog

Visual Studio,TFS,ALM関係のことについていろいろと書いていきます。Google Analyticsで解析を行っています

リリース物件注意一秒

先週リリースされたパッチのreadmeを読んで、その通りにあてたつもりだったんですよ(一度はまって動かなかったし)。自分で確認してから「こういうパッチが公開されているから、こういう風にあててね」と告知したのですよ。
ところが今日になって「この前提条件のパッチどこにあるの?」と聞かれて「え…確かにない」。
リリース元のreadmeが間違えていたのでしたorz。私が充てたと思っていたのはよく似た(?)番号の別のパッチだったみたい。あせって修正告知メール送付。
こういうリリース物件のやつって上司の査閲を通してもなかなか発見しづらいよねぇ…。上司はパッチの依存関係つかんでいるわけでもないし。そういう依存関係はシステム側でなんとか登録して、ボタンぽちで

  • 仮想環境をコントロールして自動インストール
  • 単体テスト実行
  • テストOKならreadmeに依存関係が自動的に挿入される

…みたいな流れになっても防げるかどうか?でもやらないよりはやってみたい。一人きりプロジェクトだとそういうところに手が回らないのが困ったところ。